あらゆるケースに対応


交通事故の被害者となったときに、相手側の保険会社の掲示する賠償額やケガの治療費などに納得できない場合もあるかも知れません。そのような場合に豊富な知識と経験を持つ弁護士に相談することは有効です。弁護士はこのようなときに、交通事故でケガをしたり後遺障害がある場合、適正な損害賠償を得られるように法律的な知識や医学的な知識から賠償額を算出したり、むちうちなどの後遺障害の認定をしてもらえるよう、はたらきかけたりします。

また、ケガや痛みの程度から休業損害の支払いを相手側から打ち切られることもあります。支払い打ち切りを告げられたときのケガの具合や痛みの程度にもよりますが、弁護士が介入し、妥当ではないことの裏付けを固めていくことで打ち切りを食い止めることもあります。

弁護士の交通事故対応における仕事内容は他にもたくさんあります。例えば、加害者が理不尽な言いがかりをしてきたり、逆に被害者が不当な請求をしてくることも考えられます。このようなときに、訴訟を起こしてでも解決したいと考えた場合、弁護士は訴訟の手続きから裁判上での争いまでを担ってくれます。初期段階における電話や電子メールによる無料相談などの対応もしています。